2014年01月30日

STAP細胞

STAP細胞



今日はこのニュースで持ちきりだったといってもいいかもしれません。


若き女性研究者が万能細胞(STAP細胞)を発見しました。


小保方さんは現在30歳。


早稲田の理工学部を卒業。


現在は理化学研究所発生・再生科学総合研究センター


で研究しています。



非常に女性らしく可愛らしい方で


研究家のイメージを覆してくれます。



化学系の出身ということで先入観からではなく


データー重視の視点が生物学の通説にとらわれない姿勢が


今回の発見につながったと言われています。





当時の実験データだけでは証明することができず、


周りの研究者からは「きっと間違いだ」と言われたこともあるそうです。


小保方さんはそんな中でも


「明日1日がんばろう」と研究をつづけ


5年越しの立証となりました。




人間などの生物は1個の受精卵から細胞分裂で細胞が増えると考えられていて


臓器などの細胞へと成長するといわれていますが、


この成長した細胞をリセットする、受精卵のような状態にする方法を今回発見したということです。


またこのもとに戻した細胞は、


再びさまざまな種類の細胞になれる万能細胞であることも証明できたということです。


STAP細胞は比較的短期間で作り出すことができ


がん化する可能性も低くips細胞よりも原始的な万能細胞なので


人の細胞で作り出すことができるようになると


胎盤などにも応用できると考えられています。


ips細胞とSTAP細胞、色々なことが可能になりそうです。


これからの医療が変わっていきそうですね。


また、小保方さんには辞めないで続けてくれて


ありがとうと伝えたいです。
posted by ちょびすけ at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。